こちらは業務用の融雪槽です。

地中熱・地下水が利用できない場合は?

地中熱・地下水が利用できない場合、ボイラーによる融雪槽を平成4年より販売しています。
抜群の熱効率・温水流路を融雪槽の壁面にフレキ管を取り付け効率よく融雪します。
高耐久性・鉄筋コンクリートで耐久性抜群で蓄熱性が良く半永久的に使用できます。

img_03
  • メリット1 融雪剤による腐食がなく耐久性バツグン
  • メリット2 水道・灯油を使用しないので低コスト
  • メリット3 騒音の心配がありません
  • メリット4 環境に優しく排気を出しません
  • メリット5 メンテナンス不要のあんしん設計
  • メリット6 災害時に地下水の利用が可能
img_04

融雪槽の気になるランニングコストですが、1シーズンたったの2000円を実現しました。
地熱」と「地下水」の併用で雪を融かす仕組みなので、使用するのは地下水を汲み上げる時 にかかるポンプの電気代のみ。

img_05

一般家庭・医療・福祉施設や商業施設、事務所ビルなどで、火の無い安心な電気暖房やロードヒーティング等にご利用いただけるお得な料金メニューです。ご使用のシステムや気象条件により、ホットタイム19、22、19エコ、22エコ、22ロング(低圧のみ)をご選択いただけます。詳しくはほくでんホームページをご覧下さい

こちらは業務用の融雪槽です。

img_07

札幌市北区新川 O様

オール電化住宅 敷地・歩道・階段で60㎡、融雪電気6KAの契約Bタイプで融雪していましたが、料金が高額でなんとか経済的な融雪がないかを探していました所、インターネットで高圧コンクリート融雪槽で地熱と地下水だけで融雪できるローコストな融雪槽を知り、早速導入して敷地・歩道・階段と除雪しているが、短時間で除雪作業が終わるのと融雪が速いのには近所の方も驚いています。

札幌市北区 マンションオーナーA様

業者の紹介で高圧コンクリート製の地熱と地下水を利用した融雪槽を、駐車場と歩道の融雪に設置しました。約500㎡程度の面積の雪を除雪。これだけ広い面積の雪を融雪槽1基だけで融かしています。地熱と地下水だけで融けるのには驚いており、近所のマンションオーナーの方も驚いています。灯油を使わずポンプ代の電気料金はシーズン2,000程度の電気代で、これ程経済性の良い融雪槽を導入して本当に良かったと思っています。

札幌市北区新川 B様

400平方m程度の駐車場を除雪するのに10年程前に大型の融雪槽を設置しました。30,000キロのボイラーで過熱するので、灯油価格の高騰と環境悪化を考えていたところ、地下水で融雪できることをインターネットで知りました。早速、今まで設置されていたボイラーを取り外して、井戸水のみで融雪していますが、ボイラーを使っている時と何ら変わらなく雪が融けるのには驚きです。経済的にも大助かりで、CO2削減にもなり環境にもよく、良いシステムです。

仕様

融雪槽 スタンダード 除雪一番 ジャンボ型
本体価格 950,000円
(工事費込・税別)
1,070,000円
(工事費込・税別)
1,290,000円
(工事費込・税別)
型式 HC-15-15 HC-15-20 HC-15-25 GX
コンクリート製
円筒型 内径
内径1500mm
深さ1500mm
内径1500mm
深さ2000mm
内径1500mm
深さ2500mm
投入口 フタ フタ片開き・600mm x 700mm 亜鉛メッキ・落下防止ロックハンドル付
井戸掘削
(新打込方式)
SK銅管40A 10m〜20m (最長30mを目安とします)
出水量/温度 毎分80ℓ〜100ℓ/9℃〜12℃
揚水ポンプ PS4021A 毎分120ℓ/0.4w
散水システム 40A サクションパイプ 突明
揚水ポンプボックス 800 x 700 x 660 FRP製 縞鋼板蓋 亜鉛メッキ
排水 自然排水 vu75 4m 埋設材工 排水ポンプ+自然排水 VU75+VU 40併設 4m以内
電源工事 ウォールボックス、SW ウォールボックス、ブレーカ、タイマー、SW、CD管
特注 ・排水ポンプ設置 85,000円
・銅管打込 21m以上 8,000円/m 増し
・大型投入口も承ります
・舗装工事10㎡以内 60,000円
備考 水位が低い場合は仕様変更になります
img_08

地中熱ヒートポンプの詳しい内容はコチラをご覧下さい

  • お問合せバナー
  • 融雪槽を見てみませんか?バナー
  • 会社概要バナー

footer_img_house